オンラインサロン・オーナー 佐藤 勝美

絵・佐藤 勝美

はじめまして、
オンラインサロンオーナーの佐藤勝美です。

暮らしと健康をととのえるオンラインサロン「Club おなかにてあて」をご覧いただきありがとうございます。

このサロンは自律神経をテーマにしています。

私たちのおなかの中には、
自らを守り、修復し、命を支えるしくみがあります。
それをホメオスタシス(恒常性)と言います。

そして、その働きをしているのが自律神経です。
私たちの命を支えるために、
気づかないところでずっと働いているのです。

しかし、自律神経は目には見えにくいため、
どこかつかみどころがありません。

つかみどころがないからといって、
あまりにもほったらかしにしておくと、
自律神経は疲れて働けなくなってしまいます。

もし誰かが健康に悩んだり、
暮らしに迷ったりしても、
今、ここでつながることによって、
安定して自律神経がゆらいでいられるように。

そんな思いを込めて、このオンラインサロンをつくりました。

みなさんの自律神経のゆれ方は一人ひとり特性があって、
時の流れやその人を取り囲む環境によって常に変化しています。

ですから、おなかの中にある自律神経を大切にして、
心地よい暮らしを続けていくのに、
時には、おなかにてあてをしてあげる必要があります。

「Club おなかにてあて」では、毎月の特集コンテンツに、
「おなかの森にすむ人たち」と言う名前をつけました。
おなかの森にすむ色んなセラピストや色んなアーチストから、
あなたの自律神経が安定してゆらぎ、
心地よく暮らすためのヒントをお伝えします。

みなさんはそのヒントを参考に、
おなかからのメッセージに耳をすましてみてください。

今のあなたのおなかにどんなてあてが必要なのか、
きっと見つかると思います。

初回は、私から「おなかにてあてする」ことについてお話しします。

人のからだはゆがみやすい

人のからだは常にゆらいでいます。

ゆらぎながらも体内の水分や塩分、糖分の濃度や量、あるいは体温や血圧をある一定の範囲内に保っていて、その範囲を外れなければ、命が危険な状態に陥ることはありません。

これをホメオスタシス(恒常性)と言い、このしくみが備わっているために、人は極寒の北極でも灼熱の砂漠でも生きていけるのです。

この文章には続きがあります。
続きを見るには会員登録(1ヶ月無料)が必要です。
すでに会員の方はログインしてください。

この記事を書いた人

徒手療法家

さとう かつみ

佐藤 勝美