「Club おなかにてあて」オーナー 佐藤 勝美

私たちは「Club おなかにてあて」というサロンを作りました。

サロンと言ってもインターネットの上に作った情報空間です。

健康に悩んだ時、暮らしに迷った時に、
一人ひとりとつながれる場所として。

そんな思いを込めて作りました。

しかし、「おなかにてあて」って何?、
と思われた方もいるかと思います。

このオンラインサロンの始まりに

「おなかにてあて」という名前をつけた理由を、
自律神経とホメオスタシスのお話にのせてお伝えしたいと思います。

人のからだはゆがみやすい

人のからだは常にゆらいでいます。

ゆらぎながらも体内の水分や塩分、糖分の濃度や量、あるいは体温や血圧を
「ある範囲内」に保っていて

その範囲を外れなければ、命が危険な状態に陥ることはありません。

これをホメオスタシス(恒常性)と言い、
このしくみが備わっているために、人は極寒の北極でも灼熱の砂漠でも生きていけるのです。

この文章には続きがあります。
続きを見るには会員登録(1ヶ月無料)が必要です。
すでに会員の方はログインしてください。

この記事を書いた人

徒手療法家

さとう かつみ

佐藤 勝美