薬剤師 小山 三紀子

私たちの暮らしの中で、「くすり」は
なくてはならないものです。

もちろん、「くすり」を使わずに
過ごせることが一番いいのは、
皆さんにもお分かりのことと思います。

では、私たちの生活の中でどのように「くすり」と
うまく付き合っていけばいいのでしょうか?

今回から薬剤師としての、私の視点からみた「くすり」の話を
こちらでお話していこうと思います。

*このお話は、あくまで私個人の考えであり
皆さんにこの考えを、押し付けるつもりもありませんし、
私の考えが正しいということもありません。

この記事を読んで頂き、皆さんご自身で考えて
うまく「くすり」と付き合っていただければと思います。

この文章には続きがあります。
続きを見るには会員登録(1ヶ月無料)が必要です。
すでに会員の方はログインしてください。

この記事を書いた人

薬剤師

こやま みきこ

小山 三紀子